会社ブログ

個人間で土地を売買できる?メリットとデメリットとは

土地の売却をする時には、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。
しかし、なかには仲介を依頼せず個人間で土地を売買する方もいらっしゃいます。
今回は、土地の個人売却のメリットとデメリットを解説します。


□どのような場合に個人間売買をするのか

不動産会社に仲介を依頼せず、個人で不動産のやり取りを行うことを個人間売買と言います。
不動産の売却は条件を設定して買い手を探すことから始めるのが一般的なので、個人で売却活動することは容易ではありません。

個人間取引をする方は、所有している不動産を親族や親しい隣人に売却するといった方が多いです。

また、土地や住宅を貸していた方が借主に売却するといった場合もあります。


□個人間売買のメリットとデメリット

不動産の売買について詳しく知らないという方の多くは、個人で取引を進めることに抵抗を感じると思います。
個人間売買をするときは、メリットとデメリットを知った上で慎重に決断していただいた方が良いです。

*個人間売買をするメリットとは

個人間売買の大きなメリットの1つは、売却にかかる費用を大幅に削減できるという点です。
個人で手続きを進めるので、不動産会社に仲介手数料を払う必要はありません。

また仲介をしない分、売買の自由度が高まるという点もメリットの1つと言えるでしょう。

親子間や親族間でのよく知る間柄であり形式的に金銭を授受する取引であれば、不動産会社を間に入れなくてもスムーズに進み、心理的な負担も少ないと考えられます。

ただし、贈与税が課せられる場合もありますので、売買を行う前に税理士など専門家に相談することお勧めします。

*個人間売買をするデメリットとは

個人で売買を進める場合は、手続きが多くとても大変です。
また、知識がない状態で契約を進める方も多いため、トラブルに発展する可能性が高くなります。

価格交渉や契約書、不動産の不具合など、不動産売買ではトラブルの原因になるものがたくさんあります。
個人間売買をする際には、トラブルにならないように慎重に契約を進める必要があるでしょう。

また、個人間売買の場合は住宅ローンが通りにくいという大きなデメリットもあります。
買主が住宅ローンを組んで購入する場合は、ローンの審査が不利になることがあるのでお気をつけください。

 

□まとめ

土地を個人で売却することのメリットとデメリットについて、お分かりいただけたでしょうか。
個人間売買は費用を抑えられますが、手間が掛かってトラブルに巻き込まれる危険性もあります。

そのため、個人で契約を進めることに不安な点がある方は、不動産会社を通して安全に売却することをオススメします。

売却に関することで分からないことや気になることがありましたら、 お気軽に当社までお問い合わせください。 
 
 
株式会社マコトーマス   
福島本店   
福島市泉字早稲田 14-11  
TEL.024-529-6782    

郡山営業所  
郡山市西ノ内一丁目 5-14 遠藤ビル 103  
TEL.024-954-9557 

戻る