失敗しない業者の選び方

不動産売却の成否を握る不動産会社選び

不動産売却の成功のカギを握るのは、仲介パートナーとなる不動産会社です。不動産会社の選び方しだいで、満足のいく結果になるかどうかは決まります。では、不動産会社はどのように選んだらよいのでしょうか。

世の中には大手から個人経営まで様々な規模の不動産会社がありますが、不動産売却を行うにあたっては、会社の規模は関係ありません。なぜなら、不動産物件情報は、レインズ(不動産流通標準情報システム)というWebシテムに網羅されており、不動産業者であれば誰でも全国の不動産物件情報を同じように閲覧することができるからです。どの不動産会社も同じ不動産情報を持っているので、「大手だからよい」ということはないのです。

不動産会社の規模にかかわらず大切なのは、その会社や担当者が信頼できるかどうかです。会社や担当者によって、売り主への対応や売却活動の仕方は大きく異なります。信頼できる誠実な会社なのか、売り主の要望をきちんと聞いてくれるか、的確なアドバイスをくれるか、きちんと売却活動をしてくれるのか、といったことは、不動産売却を行う上でたいへん重要な点です。事前に確認しておきましょう。

親身になって話を聞いてくれる不動産会社なら安心です!

親身になって話を聞いてくれる不動産会社なら安心です!

いくつか地域の不動産会社をピックアップしたら、まずは直接担当者と話してみましょう。所有する不動産の魅力と、どんな条件で売りに出したいかを伝えます。その際の、担当者の対応がポイントです。

親身になって話を聞いてくれるか、要望を聞いた上で的確なアドバイスをしてくれるかといったことを確認します。もし丁寧に応じる姿勢がなければ、その後の売却活動においても、満足のいく対応は望めないかもしれません。

福島市・郡山市の株式会社マコトーマスは、長年地域に根差した売却活動をしている不動産会社です。地域の皆様とのつながりを大事にしており、どのようなご相談でもまずはじっくりお話を伺うようにしています。「まだ売却するか決めてないけど、とりあえず相談したい」「どのくらいで売れるか知りたい」といった内容でも歓迎です。どのようなことでもお気軽にご相談ください。

こんな不動産会社をお選びください!

こんな不動産会社をお選びください!

キレイに整頓された不動産会社

不動産会社では契約書類を始め、様々な個人情報が取り扱っています。お客様の大切な情報を丁寧に取り扱っているからこそ、本来、不動産会社では掃除や整理整頓が徹底されている必要があります。店内はもちろん、看板や入口などの外観もキレイに整えられている不動産会社をお選びください。

販売活動に熱心な会社

販売活動の内容によって、売却までのスピードも変わってきます。WEB広告や現地看板、折込チラシ、ポスティング等、多様な集客アプローチができる会社に依頼しましょう。状況を踏まえて、販売活動の改善など積極的に提案してくれるかどうかも大切なポイントです。

その地域を知り尽くした不動産会社

その土地ならではの情報を知っていると、新しく住む際は「思っていた感じと違う」ということは避けられ、売却する際も適正な設定での販売が可能となります。営業年数とお客様満足度は、必ずしも比例するわけではありませんが、不動産会社のおおよその営業年数は、店舗での提示やホームページ上の会社概要などで紹介されている「宅地建物取引業者免許証」で調べることが可能です。

例:福島県知事(〇)第××××号

こちらの(〇)の中身は現在5年更新となり、1から昇順で増えていきます。
弊社の場合は、創業約10年となりますので、「福島県知事(2)第2882号」となっております。

PICK UP!複数会社への媒介依頼は注意が必要

不動産会社に不動産売却を依頼する場合、媒介契約というものを結びます。媒介契約には3種類あり、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」です。

専属専任媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約
1社に限定。他社に同時に依頼できません。
また、売主様ご本人でみつけた買手と契約もできません。
1社に限定。他社に同時に依頼できません。
ただし、売主様ご本人でみつけた買手との契約はできます。
複数社に同時に依頼可能。
また、売主様ご本人でみつけた買手と契約もできます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

複数社に同時に依頼できる一般媒介契約は、より多くの広告宣伝ができそうですが、複数の会社名で至るところに広告が出回ることになります。その広告を見た購入希望者は、「売れない物件だから多く広告が出ているのかな?」と思ってしまい、かえって買い主が見つからないことがあります。ですので、複数会社への媒介依頼は注意が必要です。