会社ブログ

マンションの売却を検討中の方必見!値下げのタイミングについて

「マンションの売却活動において、値下げは必要だろうか」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
値下げはできる限りしたくないものの、必要になった場合どうするべきか知っておきたい方もいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、マンションを売却する予定の方に向けて値下げについて解説します。

 

□マンション売却における値下げのタイミングとは

マンションの売却活動を行う中でなかなか買い手が見つからない場合、値下げを検討することがあります。
しかし、値下げはいつでも良いわけではありません。
タイミングによっては、極端に売却価格が下がってしまうリスクがあります。
そのため、目安として値下げに踏み切る判断の基準を知っておくことをおすすめします。

値下げするタイミングを決めるには、あらかじめ物件を売却する期限を定めておくことがおすすめです。
基本的には、3か月で売り切ることを前提にすると良いです。
そして、1か月ごとに値下げ幅を設定してスケジュールを組みます。
判断材料が少ないため、2~3週間と短いスパンで値下げをすることはあまり望ましくありません。

売却期間を3か月と決めることには、主に2つの理由があります。
まずは、媒介契約の期間が3か月であることが多いからです。
また、3か月はマンションの購入を検討している人が考える期間としても妥当であると言えます。

 

□値下げ交渉に応じる際のポイントについて

不動産の購入を希望している人は、立地や間取り、価格などの観点で複数の物件の候補から絞り込みます。
特に価格は、重要な要素の1つです。
そこで、値下げ交渉をされた場合のポイントを見ていきます。

まずは、タイミングを考えることです。
上述のように、売却する期限の目安を3か月にして値下げのタイミングを決めることがおすすめです。
希望された価格に必ずしもすぐに応じるべきというわけではありません。
年末年始など不動産が動く時期も考慮していただくと良いです。

次に、値下げ幅を最小限にすることです。
交渉では、全てを相手のペースに任せると危険です。
ご自身がいつまでに、いくらであれば売却するかを明確にしておくと交渉が進めやすいです。
そして、提案する値下げ幅は小さくすることで双方が納得する落としどころが見つかりやすくなります。

最後に、端数を活用するということです。
同じ値下げ幅でも、値下げ後に端数が出た方が安くなったように感じる数字のテクニックです。

 

□まとめ

マンションの売却活動における値下げについて見ていきました。
基本的には、売り出してから3か月以内の売却を目指すことをおすすめします。
値下げをする場合、タイミングや値下げ幅には気を付ける必要があります。

売却に関することで分からないことや気になることがありましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。

 

株式会社マコトーマス
福島本店
福島市泉字早稲田 14-11
TEL.024-529-6782

郡山営業所
郡山市西ノ内一丁目 5-14 遠藤ビル 103
TEL.024-954-9557

戻る