会社ブログ

家の売却に必要な権利証とは?万が一紛失したらどうする?

家を売却する時には、その家の権利証が必要です。
しかし、売却をされる方の中には権利証を紛失したという方もいらっしゃいます。
今回は権利証についてと万が一紛失してしまった際の対処法をご紹介します。

 

□家の売却時に必要な権利証とは

権利証とは、家や土地など対象の不動産の権利者であることを証明する書類のことです。
家を購入する際には、その家が誰のものかを明確にするために登記を行い、権利を取得する必要があります。
登記をするには法務局に申請書を提出する必要があり、その申請書に登記済のはんこが押されているものが登記済証と呼ばれます。

この登記済証は過去に発行されていたもので、平成17年に登記に関する法律が改正され、このような形の権利証は廃止されました。

法務局がオンライン化した以降に家を購入した方は、紙媒体の登録済証ではなく登記識別情報として12桁の英数字のパスワードが発行されています。

*権利証は何のためにある?

家を売却する場合、不動産会社は売主に家の所有権があるかを確認します。
登記済証や登記識別情報はその確認のために必要な書類で、家の持ち主である証明書の役割があります。

また、家を売る時は所有権移転登記の手続きをしなければいけません。
この手続きでも所有権をもっていることの確認が必要なので、権利証や登記識別情報の提出が求められます。


□権利証を紛失した場合の対処法は?

法務局がオンライン化して以降の権利情報は、パスワードを設定してコンピューター上で管理するため紛失の心配はありません。
しかし、紙媒体の登記済証をお持ちの方は、紛失している可能性があります。

万が一紛失してしまった方は、以下の方法で家の売却手続きを行いましょう。

*事前通知制度を用いる

法務局で登記の申請をする際に登記済証を紛失した旨を伝え、通知書を発送してもらいましょう。
この通知書にサインと押印をして返送すれば、法務局が権利者本人からの申請と判断し、登記を行うことが可能です。

*司法書士や公証人の本人確認制度を用いる

事前通知制度の他には、司法書士や公証人に本人確認をしてもらう方法があります。
司法書士の本人確認の場合は、運転免許証などの身分証明書などを司法書士に提示して作成を依頼します。
司法書士がさk末井した書類を法務局に提出することで、権利証などがなくても登記の手続きを進めることができます。

また、公証人による本人確認の場合は、公証役場にて公証人に身分証明書などを提示し、登記申請の委任状を作成してもらいます。その後、公証人が登記の手続きをする流れになります。


□まとめ

家を売却する時に必要な権利証について、お分かりいただけたでしょうか。
権利証を紛失しても家の売却をする方法はありますが、その手続きには手数料が必要になります。
紙媒体の権利証をお持ちの方は、紛失しないように徹底した管理を心がけましょう。

売却に関することで分からないことや気になることがありましたら、 お気軽に当社までお問い合わせください。 
 
 
株式会社マコトーマス   
福島本店   
福島市泉字早稲田 14-11  
TEL.024-529-6782    

郡山営業所  
郡山市西ノ内一丁目 5-14 遠藤ビル 103  
TEL.024-954-9557 

戻る